<infotopの売れ筋TOP3>

日記

小学校の宿題の「音読」、何を求められている?

どうも、つんたろーです。

7歳の長女の小学校、毎日の宿題に「音読」がありますが、娘は、あまり好きではないようで、いつも、面倒くさがっています。

 

しかし。

音読って、何を求めているんだろう?

どういう効果を求めているんだろう?

 

文章を読むこと?

声に出すこと?

 

娘の場合、読み上げる文章を暗記しているため、正直なところ、見なくても読める。

厳密に言うと、「読む」ではなく「暗唱」です。

 

これって、音読の効果はあるのか?

 

暗唱できるレベルに達したからこそ、あまり面白くないのかもしれないし、何か、工夫したらダメなのか?

 

学校で「やれ」と言われるから、やる。

最初はそれでもいいかもしれませんが、目標や到達度を示して、「これができたら次のステップ」という具合に、ステップアップできるタスクだと、もう少しやる気が出るような気がするんだけどなー。

 

チャート分析(2021年12月21日 AM4:30)

 

移動平均線

  • 3本の配置は、短期と中期がクロスして逆転。
  • 傾きは、長期は上向きだが、中期は横向きに変化しつつあり、短期が下向き。
  • レートとの位置関係は、短期と中期を下抜け後、短期と中期でレジスタンスされている状況。

短期と中期がクロス確定し、短期と中期に上値を抑えられている状況。下落に転じそうな形になっているが、まだ方向感が不明確。

ボリンジャーバンド

  • 形は、少し、閉じ始めている状況。
  • レートとの位置関係は、ミドルバンド下抜け。

最近は方向感が不明確でレンジ状態が継続していたことにより、バンドが横向きから閉じ始めてきている状況。

RSI

50%付近で横ばい状態。買いと売り、両方ともそこまで強くない。

ラインとダウ

上昇トレンドの下限を下抜けし、上昇トレンドが終了した後は、方向感が無く、完全にレンジの状態。

前回安値のラインのサポートが強く反発する一方、ミドルバンドや短期、中期の移動平均線でレジスタンスされている。

ドル円の日足分析結果

以上をふまえると、完全にレンジです。

前回安値の水平ラインのサポートが強く、下落方向には大きな壁があり、これまでレジスタンスされてきた短期の移動平均線を上抜けしたと思いきや、やっぱり下抜け。

4時間足も、レンジ上抜けから、再度レンジの中に戻ってきた状態です。

最近は、コロナウイルスの感染拡大などで、欧州などでは移動制限まで行われています。経済が動き出したと思ったら、また逆戻り。

大きな流れとしてトレンドが発生するには、まだ時間がかかるかもしれませんね。

 

昨日のトレード結果

  • つんたろー式=△140,000円
  • つんたろー式(リスク)=△50,000円
  • つんたろー式(改)=△65,000円
  • 平均足ボリンジャー=保有中
  • EA=+13,000円

ドル円が完全にレンジ状態で、エントリーしたけどあっという間に損切りされてしまいました。

また、平均足ボリンジャーは、バンドがスクイーズ状態でのトレードになってしまっているため、あまり好ましい状況ではなさそうです。

こういう状況では、あまり、トレードしない方が良いかも。

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-日記

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.