<infotopの売れ筋TOP3>

日記

ドル円、積極的に買っていくべきか?

どうも、つんたろーです。

FOMCの金融政策発表、ありましたね。

テーパリングの加速や来年の利上げ示唆を受けて、ドル円が、大きく上昇している状況にあります。

 

問題は、この上昇が継続するかどうか。

上昇が継続するのであれば、今のうちに、ロングポジションを仕込んで、ちょっと気長に利益を伸ばしていきたいところですが。

ドル円の1時間足では、長い上ヒゲ状態になっているため、上昇の勢いが継続しなさそうな雰囲気も感じますし(汗)

 

少なくとも、私の「つんたろー式」のポジションが利益確定するくらいまでは、上昇してほしい・・・(笑)

 

チャート分析(2021年12月16日 AM4:30)

 

移動平均線

  • 3本の配置は、上から短期、中期、長期ときれいに並んでいる状況。
  • 傾きは、中期と長期は上向きだが、短期が下向き。
  • レートとの位置関係は、短期と中期を上抜け。

短期と中期がクロスしそうな感じだが、移動平均線の並び的には上昇で、短期と中期も上抜けしてきた。上昇方向に流れが発生するかも。

ボリンジャーバンド

  • 形は横ばい?の状態。
  • レートとの位置関係は、ミドルバンド上抜け。

上昇方向でエクスパンションした後、大きく下落。-1σはいったん下抜けしたものの、その後、戻ってきてミドルバンドも上抜けしてきている状況。

RSI

50%付近から徐々に上がってきている状態。買いと売り、両方ともそこまで強くない。

ラインとダウ

上昇トレンドの下限を下抜けし、前回安値も、ヒゲで下抜けしているため、トレンドライン的にも、ダウ理論的にも、上昇トレンドは一旦、終了していると考えられる。

ただし、前回安値のラインのサポートが強く反発上昇しており、下落の流れが優勢というわけでもない。方向感なし。

ドル円の日足分析結果

以上をふまえると、基本的にはレンジ。

ただ、前回安値の水平ラインのサポートが強く、下落方向には大きな壁があり、これまでレジスタンスされてきた短期の移動平均線を上抜けしてきたことから、徐々に上昇の流れが発生しつつありそうです。

4時間足では、これまでのレンジ状態から、上昇方向にブレイクしています。。

これらの上昇の流れが発生したのは、FOMCの金融政策発表が要因。テーパリングの加速と、2022年の利上げ示唆をもとに、上昇の流れが発生していると思われます。

ようやく、少し流れが発生しそうな雰囲気になってきました。このまま上昇方向の流れが継続するか、注視する必要がありそうです。

 

昨日のトレード結果

  • つんたろー式=保有中
  • つんたろー式(リスク)=+123,000円
  • つんたろー式(改)=△62,000円
  • 平均足ボリンジャー=なし
  • EA=+30,000円

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-日記

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.