<infotopの売れ筋TOP3>

08:海外FX業者

海外FXを始めるなら、まずは「GemForex」が良い理由

どうも、つんたろーです。

今日は、これから海外FXを始めたいと考えている方にオススメしたい業者、「GemForex」について紹介してみようと思います。

 

「海外FX業者での取引を開始したい!」

そう考えたとき、「レバレッジ」「スプレッド」「手数料」「日本語対応のレベル」「入金や出金の手続き」などなど、業者を比較するポイントが色々とあります。

自分のトレードスタイルによっても、求めるFX業者の特徴は異なると思いますが、私がまずオススメしたい海外FX業者は「GemForex」です。

では、なぜ、この業者をオススメしたいのか?

以下で、その理由について書いていこうと思いますので、ぜひ、海外FX業者選びの参考にしてみてください。

 

GemForexの基本情報

まず最初に、「GemForex」の基本情報について。

GemForexの情報

  • 口座タイプ
    =オールインワン口座、ノースプレッド口座
  • スプレッド
    =1.5pips~(オールインワン口座)、0.0pips~(ノースプレッド)
  • レバレッジ
    =1,000倍
  • 取引手数料
    =無し
  • その他特徴
    =日本語対応、特殊なスワップポイント

 

良いポイント①:手数料が無料

GemForex」の場合、取引手数料が発生しない。

海外FX業者の場合だと、トレード1回ごとに一定金額の取引手数料が発生することが多い。そのため、トレード回数が増えれば増えるほど、取引数量が増えれば増えるほど、手数料による損失が大きくなる。

私のトレードスタイルの場合、トレード頻度は1日1回程度だが、ある程度、取引数量を増やしている関係で、年間に「70万円」近く取引手数料が発生する。(70万円とは、TitanFXを利用した場合の計算。)

正直、年間で、取引手数料に70万円も支払うのは、キツイ。

海外FX業者のホームページなどで取引手数料を確認すると、そこまで大きくないように見える。

先ほど紹介したTitanFXも、「1万通貨あたり0.7pips」となっており、その程度なら・・・と考えてしまいがちだが、一見、少額な手数料でも、トレードを繰り返すことで損失が積もり、年間で合計すると、かなり多額の手数料を支払っていることになる。

しかし、「GemForex」の場合、その取引手数料が発生しない。

そのため、取引手数料が発生する海外FX業者に比べて、年間で70万円も、利益が増える。年間で70万円も、損失が減る。

GemForex」には、トレード成績を左右するような、大きなメリットがあるということ。

 

良いポイント②:日本語対応が十分

海外FX業者を利用する場合に、まず気になるのが、「英語ができなくても大丈夫なのか?」ということ。

GemForex」のホームーページを見ると分かるが、日本語に十分に対応している。また、実際に問い合わせをメールで行った際も、非常にスムーズに、丁寧な回答が返ってきた。

普通にトレードをするために利用する程度であれば、日本のFX業者と何ら変わらない、十分な日本語対応となっているため、言語に関しては、何も心配する必要はない。

良いポイント③:ドル円スワップポイント

GemForex」のスワップポイントは、他のFX業者と比べて、少し特殊。

ほとんどのFX業者では、ポジションによって、発生するスワップポイントも、マイナスになったり、プラスになったりする。そのため、スワップポイントで収入を得られることもあれば、損失が発生することもある。(スワップポイントについては「スワップポイントとは何か?もっとも分かりやすく説明」を参照)

スワップポイントで収入が得られる場合であればストレスは無いが、損失が発生するポジションを保有している場合、どうしてもストレスとなる。保有期間が長期間になれば尚更のこと。

しかし、「GemForex」の場合、通貨ペアによっては、マイナスのスワップポイントが発生しない。買いポジションであっても、売りポジションであっても、収入が得られる。代表的な通貨ペアである「ドル円」もその1つ。

そのため、スワップポイントでストレスを感じることなく、トレードを行うことが可能となる。

(スワップポイント収入を狙った超安全型のトレードを行いたい場合は「スワップポイント サヤ取りトレード(両建てトレード)とは」を参照)

 

気になるポイント:スプレッドが変動制

ここまで「GemForex」の良いポイントをいくつか挙げてきたが、全てが良いポイントというわけではない。

少し気になるポイントは「スプレッド」。「GemForex」のスプレッドは、変動制が採用されている。

一般的な国内FX業者のスプレッドは原則固定制が採用されており、スプレッドの広がり等の変動が、ある程度抑えられている(と言われている)。しかし、変動制が採用されている場合、相場の状況によって、スプレッドが大きく広がったりする(らしい)。

実際に、「GemForex」と原則固定制を採用している他のFX業者を比べた場合、スプレッドが広がる傾向にあることは確か。特に、ボラティリティーが乏しい相場環境においては、スプレッドの広がり方の差が、顕著に表れてくる。

スプレッドが大きく広がるということは、それだけ、取引コストが増えていることになるため、注意が必要。とはいえ、時間が経過すれば広がったスプレッドは解消されるため、完全な欠点というわけではない。

スプレッドが広がるタイミングで、トレードを実行しないように注意すれば解決できる問題と言える。

 

どういうトレーダーに向いているか

では最後に、「GemForex」の利用する際の、トレーダーの向き不向きについて。個人的な意見を少し。

 

まずは、売買取引によるキャピタルゲイン狙いのトレーダー。

このトレーダーにとっては、取引手数料が無料で、無駄な損失を発生させることなく売買を行うことが可能な「GemForex」は、非常に向いていると言える。

ただし、注意が必要なのはスプレッド。原則固定制のスプレッドを採用しているFX業者に比べて、スプレッド幅が大きくなりがちなため、スキャルピング等のトレード手法を採用する場合は、スプレッドによる損切りが発生しないよう、注意が必要となる。

 

もう一つは、スワップポイントによる収入を狙うトレーダー。

このトレーダーにとっては、スワップポイントの利益額が小さい「GemForex」は、少し不向きと言える。

ただし、同一口座内で両建てを行い、確実に利益を積み上げていく、超安定型の「スワップポイント サヤ取りトレード」を行いたいトレーダーにとっては、非常に向いている。(というか、このFX業者くらいしか無いかも)

 

最後に

ここまで、「GemForex」をおすすめしたい理由等を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

一長一短はありますが、「良いところしかない」FX業者なんてものは、存在しませんからね。

今回紹介した特徴を参考に、自分のトレードスタイルを考えながら、ぜひ、上手に利用してみてください!

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-08:海外FX業者

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.