<infotopの売れ筋TOP3>

06:スワップ サヤ取り

スワップポイント サヤ取りトレードするなら「GemForex」で

どうも、つんたろーです。

今日は、スワップポイント サヤ取りトレード(両建てトレード)を行う際に、オススメしたい海外FX業者「GemForex」について、紹介します。

 

私が「GemForex」をオススメする理由

まず最初に、私が海外FX業者の「GemForex」をオススメする理由ですが。

 

スワップポイント サヤ取りトレードには、大きく分けて2つの方法があります。

1つは、異なるFX業者を利用して、異なる口座でそれぞれ買いと売りのポジションを保有する方法。

もう1つは、1つのFX業者を利用して、同一口座内で買いと売りのポジションを保有する方法。

スワップ サヤ取りの種類

  1. 異なるFX業者の異なる口座を利用して、両建て
  2. 同一業者の同一口座内で、両建て

 

そのうち、私がオススメしたのが、2つ目の「1つの業者の同一口座内で両建て」する方法。

なぜなら、大きな値動きにより強制ロスカットする心配が少なく、面倒くさい小まめな資金管理が不要だから。

(詳しくは「同一口座内でのスワップ サヤ取り(両建て)トレード」の記事を参照)

 

ただし。

この方法を行うには、同一口座内で両建てを行っても、スワップポイント収支がプラスになる必要がある。

 

そして、そのような業者は、ほとんど無い。

私が知っている限り、この方法を実行できるのは「GemForex」くらい。

 

つまり、私が推奨する「同一口座内で両建て」するスワップポイント サヤ取りトレードを行うためには、「GemForex」を利用するしかない。

 

というのが、「GemForex」をオススメする理由です。

 

海外FX業者「GemForex」について

では、海外FX業者の「GemForex」について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

どんな会社?

ニュージーランドの会社。

 

GEMFOREXの運営会社は、ニュージーランドにあるGEM GROUP NZ LIMITED。

ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)より金融ライセンス(FSP564306)を取得し、英語圏、日本、中国、香港、台湾、韓国を中心にサービス展開しています。

 

日本語対応は?

海外FX業者だと、心配になるのが日本語対応のレベルですが。

これまで利用していて、全く問題無しです。

ホームぺージも充実しており、疑問があってもメールやチャットで素早く対応してくれるため、言語の点でマイナスになることはありません。

 

レバレッジは?

文句なしの1,000倍です。

 

例えば。

1ドル100円のドル円通貨の場合、1万通貨トレードするのに必要な証拠金は、たったの「1,000円」。

※1万通貨でトレードした場合、1pipsの値動きで±100円の損益が発生。

 

少額資金からでも、十分にトレード可能です。

 

スプレッドは?

この業者には2つの口座があり、口座ごとにスプレッドが異なります。

 

1つは「オールインワン口座」で、スプレッドは「1.7pips」。

もう1つは「ノースプレッド口座」で、スプレッドは「0.3pips」。

GemForexのスプレッド

  • オールインワン口座=1.7pips
  • ノースプレッド口座=0.3pips
    ※ドル円の場合

 

ノースプレッド口座は、「30万円以上の入金」「EA等の利用不可(裁量のみ)」「ボーナス対象外」といった条件がありますが、スプレッドを見る限り、国内のFX業者と遜色はありません。

 

ちなみに、「GemForex」の場合、変動性スプレッドを採用しているという情報を見かけました。

変動性スプレッド

スプレッドが常に変化する可能性があり、流動性が乏しくなる時間帯や週末に、スプレッドが広がる。

 

とはいえ、これまで主に早朝の時間帯でスプレッドを監視していて、他の海外FX業者に比べて劇的にスプレッドが広がるといったことはありません。

 

スワップポイントは?

GemForex」のスワップポイントは、通貨ペアによっては売りポジションも買いポジションも、両方ともプラスのものがあります。

 

例えばドル円。

 

このように、両方ともプラスのスワップポイント。

これによって、同一口座内での両建てが可能になります。

 

ちなみに、売りと買いポジションで両方ともプラスのスワップポイントになる通貨ペアは、

  • USDJPY
  • EURUSD
  • USDHKD

の3つ。(2020年5月2日時点)

 

ただし、スワップポイントの収入としては「小さめ」です。

以前、調べてみたところ、国内のFX業者を2社以上利用して「スワップポイントさや取りトレード」を実行する場合、1日あたりのスワップポイント収入は、10万通貨あたり約200円。

対して、「GemForex」の場合は1日あたり約50円。

スワップ収入を比較

  • 国内FX業者2社利用=200円/日
  • GemForex利用=50円/日
    ※10万通貨あたり

 

取引手数料は?

驚くことに、かかりません。

海外のFX業者の場合、スプレッドのほかに、取引数量に応じた手数料が発生する業者が多いんですが。

この業者は、発注~決済の往復で、取引手数料は0円

 

そのため、スワップポイント サヤ取りトレード以外に、通常のトレードにもこの業者を利用しています。

 

入金や出金は?

色々と使えますが。

 

私の場合、入金は「銀行送金」を利用しています。

クレジットカードも使えますが、JCBが使えず、対応した会社のクレジットカードを持っていないため、使っていません。

また、「bitwallet」も使えるという記載があるのですが、現時点では利用不可です。(問い合わせたところ、利用再開の予定は未定とのこと)

 

出金は、「銀行送金」しか使えません。

「ビットコイン」や「bitwallet」の記載はありますが、こちらも現時点では利用不可。

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-06:スワップ サヤ取り

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.