FXトレードで、経済的にも、時間的にも、自由な生活を手に入れる!それを実現するブログです。

つんたろーの「1日5分FX投資」

<infotopの売れ筋TOP3>

早期退職の戦略

ステップ2:退職を実現するための「資金目標」を達成するための見込期間を算出

2020年2月8日

どうも、つんたろーです。

前回までのステップ1の記事「退職に向けた3ステップの「ステップ1」を実行してみた(後編)」までで、退職を実現する資金目標について、設定しました。

 

今回は「ステップ2」として、その資金目標を達成するための見込期間について、算出してみようと思います。

 

現在のトレード手法を実行した場合、どれぐらいの期間かかるのか?

現在、私が実行しているトレード手法を用いた場合に、「資金がどれぐらいのスピードで増えていくのか」というのを考えたいと思いますが。

 

そのために、まずは前回の記事でも書きましたが、現在のトレード手法の成績についておさらいをしておこうと思います。

 

年間の平均利率

  • つんたろー式=「約46%」
  • 平均足ボリンジャーバンド式=「約45%」

「スワップポイントさや取りトレード」は、現時点で未実施であり、バックデータがないため、今回は考慮しない

 

次に、2019年末のトレード資金残高についても把握しておきましょう。

 

2019年末のトレード資金

  • つんたろー式=約3,700,000リスクを含む)
  • つんたろー式(改)=約650,000
  • 平均足ボリンジャーバンド式=約1,200,000
  • 合計=5,500,000円

 

このトレード資金をもとに、各トレードへの資金の割り振りはそのままで運用を行った場合、資金の増加イメージは以下のとおり。

 

ステップ2:資金目標に到達するまでの期間

というわけで、このステップ2で算出することにしている「資金目標に到達するまでの見込期間」は、以下のとおりとなります。

 

ステップ1で算出した、各プランの目標資金に到達するまでの見込期間は・・・

 

資金目標に到達するまでの期間

  • プラン1の目標「2~2.5億円」=約13年
  • プラン2の目標「1億円」=約10年
  • プラン3の目標「5千万円」=約7年

 

となります。

 

このままでは、最短でも「7年」が必要。

安心な状態での退職を目指すなら「13年」は必要ですね。

 

ステップ2は終了したけど、ここからが大変

さて、これでステップ2の作業は終了となります。

 

ここまでステップ1とステップ2の作業を行い、明確な目標資金と、その達成に要する明確な見込期間について、算出することができました。

ここで得られた目標資金や見込期間が、今後の退職に向けた行動計画の指標となります。

 

とはいえ、これで終わりではありません。

むしろ、ここからが本当のスタート。

 

このステップ1とステップ2で得られた計画と、実際の実績を比較しながら、

  • 計画通りに退職に向けた行動ができているのか?
  • 計画を上回るためにはどうすれば良いのか?

を考えていく必要があります。

 

これが、次のステップである「ステップ3」です。

 

ステップ3は、何かをやったら終了というものではなく、常に考え続け、トライ&エラーを繰り返しながら、目標達成の見込期間を短縮するために、行動し続ける必要があります。

・・・。

つ、辛そう(笑)

 

やるべきことを自分で考え出し、諦めることなく行動していくというのは、きっと大変ですね。

でも、やらないと!!

これからは、ステップ3「目標達成の見込期間を短縮する作戦の立案と実行」について、立ち止まることなく、考え続け、行動し続けていこうと思います♪

 

ポイントは以下のカテゴリー。

 

これらのカテゴリーについて、しっかりと考え、アイディアを実行していこうと思います!!

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-早期退職の戦略

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.