FXトレードで、経済的にも、時間的にも、自由な生活を手に入れる!それを実現するブログです。

つんたろーの「1日5分FX投資」

<infotopの売れ筋TOP3>

早期退職の戦略

退職に向けた3ステップの「ステップ1」を実行してみた(前編)

どうも、つんたろーです。

以前の記事「「FXで退職」するための3ステップ」で、退職に向けた3つのステップを書いてみました。

そして、今回は、その1つ目のステップを実行してみました。

 

「ステップ1」は、「退職する起点となる目標値(目標資金額)を決定する」こと。

 

これはどういうことかというと、「いったいどのくらいのトレード資金になったら、退職を実行するか?」という、トレード資金の目標値を決定するステップです。

 

その1:退職しても安定・安全な生活を考える

まず最初に、「どうすれば、退職した後でも安全で安定した生活ができるか?」を考えてみました。

これは、以前の記事でも書いていましたが、とりあえず、以下の3つのプランが、今のところ想定できる、退職後でも安定した生活を送れる方法だと思います。

  • プラン1:生涯収入を稼いだら退職
  • プラン2:最も手堅い手法(スワップさや取り)のみで生活費+貯金額を稼ぐ
  • プラン3:現在使える3つの手法(※)を組み合わせて生活費+貯金額を稼ぐ

ここでいう(※)の3つの手法とは、「つんたろー式」「平均足ボリンジャー式」「スワップポイントさや取り」のこと。

 

次に、これらの3つのプランについて、評価してみましょう。

  • プラン1:必要資金(多)、退職後リスク(小)
  • プラン2:必要資金(中)、退職後リスク(中)
  • プラン3:必要資金(少)、退職後リスク(大)

プラン1のように、生涯収入を先取りしてしまっておけば、退職した後は特にリスクを取って収入を得なくても安泰なので、リスクは少ないですよね。

でも、そのためには、退職を実行するときに確保しておく必要資金は多くなります。

逆に、プラン3のように、退職後もある程度のリスクを背負ってトレードを実行し、ある程度の収入を確保すれば、少ない必要資金でも退職は実行できます。

その代わりに、リスクを背負ったトレードを実行する必要があるため、退職後のリスクも大きくなります。

 

とりあえず、それぞれプラン1~3を実現するための金額について算出することが、目標値(目標資金額)を決めることであり、このステップ1での目的となります。

 

その2:自分のライフプランを作成

次の段階として、自分の死ぬまでのライフプランを立ててみました。

詳細は省略しますが、自分のライフプランを立ててみた結果、自分の年収、年支出、今後の支出予想など、色々と見えてきました。

その中から導き出した、主なポイントは以下のとおりです。

  • 平均生活費(年間)=6~700万円(余裕をもって800万円)
  • 死ぬまでの累計支出額=2~2.5億円

 

これを、先ほどの3つのプランに当てはめてみましょう。

  • プラン1:2.5億円を稼いだら退職
  • プラン2:最も手堅い手法(スワップさや取り)のみで年800万円稼ぐ
  • プラン3:現在使える3つの手法(※)を組み合わせて年800万円稼ぐ

 

かなり、具体的になってきましたね!

ただ、ここで疑問なのが、プラン2とプラン3で年800万円を稼ぐためには、トレード資金がどれくらい必要なのか?ということ。

 

というわけで、次は、この必要トレード資金について算出してみようと思います。

算出が完了したら、記事にしたいと思います♪

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-早期退職の戦略

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.