FXトレードで、経済的にも、時間的にも、自由な生活を手に入れる!それを実現するブログです。

つんたろーの「1日5分FX投資」

<infotopの売れ筋TOP3>

スワップ サヤ取り

「スワップ サヤ取り」で得られるスワップポイント収益について

2019年12月19日

どうも、つんたろーです。

「スワップポイント サヤ取りトレード」の可能性を見極めるため、このトレード手法を行った場合に獲得可能なスワップポイント収益について、調べてみました。

 

まずは最初に、かなり勉強になるブログを発見したので、紹介したいと思います。

スワップポイントさや取りトレードを勉強するには、見ておいて損はないです。

非常に勉強になります。

 

それでは、今日の本題。

「スワップポイント サヤ取りトレード」を行う場合の、獲得可能なスワップポイント収益について。

 

これについては、上記で紹介したブログに、日々のスワップポイント差と、そのスワップポイントを獲得するために必要なFX業者の組み合わせが紹介されていますので、そちらを参考にしてみました。

その結果が、以下のとおり。

各通貨ペアの収益

  • ドル円=20円(1万通貨あたり)
  • ユロ円=10円(1万通貨あたり)
  • ポンド円=20円(1万通貨あたり)
  • ランド円=50円(10万通貨あたり)
  • ユロドル=20円(1万通貨あたり)
    ※上記は1日あたりのスワップポイント

 

次に、上記の場合に得られる年間利益について。

 

ドル円の場合

ドル円の場合のスワップポイント利益「20円」が続くと仮定。

 

仮に1万通貨でトレードした場合、年額と月額の利益は、

  • 月額=20円×30日=600円
  • 年額=600円×12月=7,200円

 

これを10万通貨にすると、その10倍になるため、年間で72,000円の利益

100万通貨にすると、720,000円の利益

 

さらに、もう少し詳細に考えてみましょう。

 

「買い」と「売り」のポジションに使うトレード資金として、100万円ずつ(合計200万円)あったと仮定。

100万円の資金の場合で、かつ、レバレッジ25倍と考えると、売りと買いの両方で、およそ25万通貨くらいまではポジションを保有することが可能。

 

この時、保有可能ポジションのギリギリではなく、少し余裕を持たせて10万通貨ずつポジションを保有した場合。

年間での利益は72,000円なので、年利は

  • 7.2万円÷200万円=約3.5%

 

そして、年利3.5%の運用を続けた場合、200万円の資金はどのように増加するかというと・・・

  • 5年後=約2,375,000円
  • 10年後=約2,821,000円
  • 15年後=約3,350,000円
  • 20年後=約3,979,000円
  • 30年後=約5,613,000円

 

運用成績も、悪くありません。

 

ランド円の場合

次に、ドル円と同じように、南アフリカの通貨「ランド」を使ったランド円についても算出。

ランドのスワップポイント収益は、10万通貨で「50円」と、他の通貨ペアに比べて大きめ。

 

10万通貨でトレードした場合の利益は、

  • 月額=50円×30日=1,500円
  • 年額=1,500円×12月=18,000円

 

さらに、

100万通貨でトレードした場合の年間利益は180,000円。

1,000万通貨でトレードした場合の年間利益は1,800,000円。

 

資金200万円で、100万通貨のトレードを行った場合は、年利9%くらいになる。

 

このトレードを続けると・・・

  • 5年後=約3,077,000円
  • 10年後=約4,734,000円
  • 15年後=約7,284,000円
  • 20年後=約11,208,000円
  • 30年後=約26,535,000円

申し分ありませんね。

 

「スワップポイント サヤ取りトレード」の問題点について

このように、シミュレーション上は、なかなか良い感じ。

 

問題は、シミュレーションどおりにいくかどうか。

おそらく、不可能です。

 

なぜなら・・・

  1. スワップポイントは変動するため、想定通りの収益が得られる保証は無い
  2. 為替変動による強制ロスカットを避けるため、想定通りの通貨量でトレードできない可能性

などの理由があるから。

 

特に危険なのが、強制ロスカットにより、片方のポジションのみが決済されるパターン。

 

これを回避するためには、ある程度大きな値動きに対応できるよう、資金に余裕がないといけない。

仮に200万円の資金があったとしても、シミュレーションどおりの通貨量でトレードできない可能性が高い。

 

このあたりのことを考えるために、各通貨ペアの1日の値動きや、年間の値動きの幅についても、ちょっと調査してみる必要がありそうです。

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-スワップ サヤ取り

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.