FXトレードで、経済的にも、時間的にも、自由な生活を手に入れる!それを実現するブログです。

つんたろーの「1日5分FX投資」

<infotopの売れ筋TOP3>

日記

「チャート分析」する目的とは、いったいどういうことなのか

どうも、つんたろーです。

今日はちょっと、チャート分析をする目的について、ちょっと気になっていることを書いてみようと思います。

 

少し前から、ブログの記事でも紹介していますが、チャート分析を行っています。

ただ、この「チャート分析」で少し気になる点があります。

チャート分析とは、

現在の相場状況、つまり現状を把握するだけのものなのか?

現状を把握した上で、今後どのように動くのか予測することなのか?

例えば、トレンド相場の場合。

トレンド相場の場合は、それなりに動きが分かりやすいため、チャート分析においては、トレンドが継続しているのかどうかの確認を行っているような感じがあります。

つまり現状の確認です。

そして、そのチャート分析の結果に基づく戦略を考える場合、基本的にはトレンドに追随していくという戦略になるため、実際のトレードにおいては、エントリーポイントを探していくという作業がメインになります。

 

しかし、方向感のないレンジ相場の場合。

ある程度大きな日足などはトレンドの転換点となり方向感がない状態で、小さな4時間足や1時間足では上昇トレンドとなるなど、上昇目線や下落目線が入り乱れる状態となってしまいます。

これにより、チャート分析の結果も、方向感が無いという結論になる。

ここまでが現状の確認です。

 

問題はここから。

このように方向感がない場合、現状の分析で終わらせてしまうと「方向感がない」という結論のみで、戦略もへったくれもないですよね。

そのため、基本的には静観するしかない。

ただ、それではなんとなく物足りなさを感じてしまうため、今後どのように動くのか、値動きの可能性の予測を行ってしまうことがあります。

でも、相場の動きというのはランダムであり、どのように動くのかを予測するのは、ある意味無謀ですよね。

 

このように、トレンドがはっきりしている場合は別として、方向感がないレンジ相場の場合、チャート分析でどこまで考えるか、悩んでしまいます。

 

チャート分析でいろんな方向感が入り乱れている状態の場合、

  • よくわからないと判断して静観するのか?
  • 動きの可能性を予測して、その予測に基づいてトレードを行うのか?

 

ちなみに、裁量トレードを行っていた時の私は、後者です。

そして、利益を残すようなトレードを行うことができませんでした。

 

しかし、結果を残しているFXトレーダーのブログを見ていると、トレードを行わず静観をしていることが多いということに気がつきました。

 

ということは。

もしかすると、チャート分析と言うのは「現状の確認」がメインであり、その先の「値動きの予測」まではしなくても良い、もしくは、しない方が良いのかもしれません。

 

値動きを予測すると、エントリーしたくなる。

エントリーすると、予測どおりに値が動かず、損切りするハメになる。

この悪循環だった気がします。

これは、一種のポジポジ病なのかもしれません。

 

今のところ、チャート分析では、値動きの予測まではしない方が良い、という結論になりますね。

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-日記

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.