FXトレードで、経済的にも、時間的にも、自由な生活を手に入れる!それを実現するブログです。

つんたろーの「1日5分FX投資」

<infotopの売れ筋TOP3>

日記

退職に向けて、FXトレードでギリギリを攻めてみようと思う

2019年10月18日

どうも、つんたろーです。

 

昨日、私がもう一つ運営するブログ「つんたろーの自由帳」の方で、「振り回される生活は、もうこりごりだ」という記事を書きましたが。

 

今の仕事に振り回されるのは、もうたくさん!!

そして、この記事を書いた気持ちを、絶対に忘れてはいけないと、本気で思いました。

 

これまでは、心のどこかで、

 

「いつか退職できたら良いな。」

「そうは言っても、難しいよね。」

 

と、本気になりきれていなかった部分があったと思います。

 

ぬるかった。

 

これじゃあダメですよね。

 

成功者の本を読むと、よく目にします。

「いつか」という日は、ない!と。

 

「いつか」ではなく、「一刻も早く」退職するために。

 

本気で FX投資と向き合って、

退職のために最短のルートを進まないといけない!

 

生ぬるいリスクをとって、毎日モヤモヤしながら生活して、「いつかは退職できたら良いなー」なんて、そんなダラダラした時間の使い方をしていたらダメだ。

 

考え方を改めなければいけないと、

本気で思いました。

 

そこで、退職に向けてメインの武器となる FX投資において、今、なにをするべきなのか、もう一度、考えてみました。

 

自分の使える資源を確認

まずは、今の自分が使える、 FXトレードの資源を確認。

 

使える資源

  • トレード資金:650万円
  • トレード手法:3種類

 

まずは、この資源を最大限有効に活用して、退職に向けた戦略を立てること。

これが、最優先事項になります。

 

まず取り組むべきこと

その中で、まず取り組むべきことは、「許容リスク(許容損切り金額)の見直し」です。

 

これまでは、トレード資金に対して、一回あたりのトレードにおける損切りを「2%」に制限していました。

 

これを、見直そうと思います。

 

私のメインのトレード手法は、R倍数を用いて、利食い金額を設定しています。

 

R倍数を用いた利食いの設定とは。

例えばR倍数を「2」とした戦略の場合、

  • 損切り金額:利食い金額=1:2

になるように、トレードを実行するもの。

 

そのため、損切りはの金額を大きくすれば、必然的に利食いの金額も大きくなる。

つまり、資金の増加速度を加速させることができるわけです。(もちろん、負けたら資金の減少速度も加速します。)

 

この「許容リスク(許容損切り金額)」は、大き過ぎればギャンブル要素が大きくなりますし、小さ過ぎれば手堅いですが、早期退職できなくなる。

 

このバランスを、自分のトレード手法の過去の検証結果や勝率を用いて見直し、自分が許容できるギリギリのラインに再設定する必要があります。

 

過去のデータをもとに、途中で資金が尽きない程度に、かつ、可能な限り資金を急速に増やせるように。

そのギリギリのラインをシミュレーションし、設定していきたいと思います。

 

今ならまだ、リスクがとれる

でも、そんなギリギリのリスクをとりに行っても大丈夫なのか?

むしろ、「今だからリスクがとれる」と言えます。

 

今ならまだ、FXトレードとは別に、「給与収入」という非常に安定した収入源がありますからね。

 

トレード資金がなくなったとしても、最悪ガマンして今の仕事を続ければ、生活に困る事はありません。

生活費にまで手を出さなければ大丈夫。

むしろ、今、仕事をしているという部分を利点として捉えて、積極的にリスクをとりにいく戦略はありだと思います。

 

本気で退職を狙いにいきますよ!!

 

ブログにも本気を出す

ちなみに、このブログにも、本気で取り組んでいこうと思います。

リアルな数字をバンバン載せて、本気のFXトレードの結果を、しっかりと書いていきますよ!

ぜひ、見て下さいね~。

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-日記

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.