FXトレードで、経済的にも、時間的にも、自由な生活を手に入れる!それを実現するブログです。

つんたろーの「1日5分FX投資」

<infotopの売れ筋TOP3>

FXの知識

レバレッジ最大25倍は小さいと思う理由

どうも、短時間FXトレーダーのつんたろーです。

今日は、ちょっとレバレッジのお話を。

↓ひとポチ応援お願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

現状のレバレッジ規制

現在、国内のFX会社で個人用FX口座を開設してトレードを行う場合、最大レバレッジに規制がかかっています。

その最大レバレッジは「25倍」。

これは、どういうことなのか、ちょっと例を挙げてみましょう。

仮に、トレード資金が500万円ある人の場合、以下の計算式により、1億2,500万円の資金があるのと同様のトレードが可能になるということ。

  • 500万円(資金)×25倍(レバレッジ)=1億2,500万円

こうしてみると、十分に巨大な資金量でのトレードが可能になっているように感じますよね。でも、私は、レバレッジ25倍というのは、小さいと感じてしまいます。

その理由について、次で解説してみようと思います。

 

なぜレバレッジ25倍が小さいと思うのか

このレバレッジ25倍というのは、単体で見ると、そこまで小さいように感じませんよね。でも、トレードの方法によっては、思うようにトレードが出来なくなってしまうんです。

その理由を解説する前に、まずは例として前提条件を確認しておきましょう。

仮に、現在のレートが1ドル=100円の場合。

全くレバレッジを使わず、1枚(1万通貨)のトレードを実行しようとすると、100万円の資金が必要になります。

一方で、トレード資金が500万円あった場合、レバレッジを最大限(25倍)活用すると、先ほども記載したとおり、1億2,500万円の資金があるのと同様のトレードが可能となります。

ここで、上記の2つの条件を組み合わせて、トレード資金500万円ある人が、レバレッジ(25倍)を最大限活用した場合、最大何枚のポジションを保有することが可能になるかというと「125枚」になります。

というわけで、

  • レートが1ドル=100円
  • トレード資金=500万円

このような条件の場合は、FXトレードで取引が可能な最大保有枚数は「125枚」ということになります。

この125枚という枚数について、普通にトレードを行っていると十分だと思います。ただし、以下の条件に当てはまるようなトレードを行っている場合は、125枚というのは十分な枚数とは言えません。

レバレッジが不足する条件

  1. トレード1回当たりの損切り金額を、トレード資金全体の一定%として固定している
  2. 損切りの値幅は、その時々の値動きで変更している

例を出して説明します。

例えば、トレード1回当たりの損切り金額をトレード資金全体(500万円)の1%と決めている。さらに、損切りする値幅は固定ではなく、毎回値動きの大きさに合わせて変更しているような場合。

値動きが大きく、損切りの値幅が大きい場合(値幅0.5円の場合)は、トレードに必要な枚数も小さく(10枚)なりますが、値動きが小さく、損切りの値幅が小さい場合(値幅0.1円の場合)は、トレードに必要な枚数は大きく(50枚)なってしまいます。

このように、値動きが小さい場合は、トレードに必要な枚数も大きくなってしまいます。

これが、どのように影響するかというと、複数の注文を、決済せずに同時に保有するような場合に、必要な枚数でのポジション保有が出来なくなる可能性が出てきます。

先ほどから紹介している例の場合、資金500万円から算出したトレード最大保有枚数は「125枚」しかないため、上記の図Aの場合でトレードを開始するものが、決済せずに3回発生した場合、3回目のトレードに必要な枚数が確保できなくなってしまいます。(上限が125枚のため、1回目50枚+2回目50枚+3回目は50枚ではなく25枚になってしまう

しかし、これが仮に最大レバレッジが50倍だった場合、トレードの最大枚数は「250枚」となり、余裕をもって3回目も50枚でトレードすることが可能になります。

 

レバレッジ不足の対策として

このように、レバレッジが小さいと、自分が思ったようにトレードが出来ない可能性が出てきてしまいます。

それを回避するために、海外のFX口座を1つ開設しておくことをお勧めします。

海外のFX口座であれば、日本のレバレッジ規制が適用されないため、最大レバレッジも25倍以上でトレードすることが可能になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レバレッジについては、高レバレッジになると「リターンが大きくなる代わりにリスクも大きくなる」という話をよく聞きますよね。なので、あまり高いレバレッジは不要だとも言われたりします。

しかし、ハイリスクハイリターンではないトレード手法を用いても、市場の値動きが小さい場合は、自分が思うようにトレードが出来なくなる可能性があるというのが、お分かりいただけたかと思います。

特に、最近のドル円など、本当に値動きに乏しいような時期は尚更です。

そういうときでも、しっかりと制限なくトレードが実行できるように、海外のFX口座は1つ開設しておくことをお勧めします。

 

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-FXの知識

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.