FXトレードで、経済的にも、時間的にも、自由な生活を手に入れる!それを実現するブログです。

つんたろーの「1日5分FX投資」

<infotopの売れ筋TOP3>

日記

ドル円|どういう心理で二番底って発生するのか

2019年1月10日

どうも、短時間FXトレーダーのつんたろーです。

2019年1月10日のFXトレードについて。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

今日のトレード内容

  • トレード通貨:ドル円
  • 新規ポジション:無し
  • 保有ポジション:無し
  • 決済ポジション:2件(買、売)

今日のエントリーなど

今日は保有していた買いポジションの損切りと、売りポジションの利益確定が同時に発生です。

今年のトレードをスタートさせて、1週目で勝ちトレードになるとは、なかなかいい感じのスタートが切れました。

このまま、連勝と行きたいところですね。

チャート分析

さて、それでは早速、チャート分析について。

まずは日足から。

1月3日の大きな下落ローソク足、目障りですね。

この動きに目線がつられてしまって、冷静な分析ができない感じがします。

とりあえず、あまりテクニカル分析のラインを引ける場所が無いです。

大きな下落から戻り上昇をつくって、今、二番底を形成しはじめている感じでしょうか。

 

次に4時間足ですが。

 

こちらは、1月3日の大きな下落ローソク足で見えにくくなっているもの、直近の上昇トレンドの押し安値下抜けで、上昇トレンドから下落トレンドに転換しています。

この状態だと、下落方向に動きそうです。

売りが優勢でしょうか。

4時間足を見ても、やはり二番底を形成しそうな流れですね。

 

二番底の形成原理とは

ちなみに、二番底って、どういう心理が作用して形成するんでしょうかね?

まず、一番底は、パニック売り。

これは何となく分かります。

そして、一番底の下落が一段落した時には、どういうトレーダーが市場に参加しているか?

私が思うに、以下の2種類のトレーダーがいるような気がします。

  1. 買いポジションを持っており、一番底で損切りして逃げられなかったトレーダー
  2. 割安になったから買いポジションを持ち始めたトレーダー

そして、それぞれのトレーダー心理は以下のとおり。

1.逃げられなかったトレーダー

このトレーダーは、含み損を抱えており、とにかく逃げたい!

でも、下落しすぎていて、完全に塩漬け状態。

身動きが取れなくて、困っている人たちでしょうね。

 

2.割安狙いトレーダー

このトレーダーたちは、大きな下落で価格が割安になっているため、積極的に買いポジションを持とうとする。

市場価格の行きすぎを狙って、買いポジションを持つトレーダーです。

 

なぜ二番底ができるのか

問題はここから。

売りたい!と考える「逃げられなかったトレーダー」と、買いたい!と考える「割安狙いトレーダー」の需給がマッチして、価格は上昇し始めると思うんです。

ただ、一番底の大幅な下落の開始地点に近づくと、「逃げられなかったトレーダー」の売りに加えて、「割安狙いトレーダー」の利益確定売りも入ってくるため、価格が再度下落し始め、二番底を形成するのかなと。

ちなみに、二番底の下落の中で売り注文を吸収している買いポジショントレーダーは、一番底からの戻り上昇を見て、便乗したくなった追随トレーダーといったところでしょうか。

 

ちょっと二番底の形成原理について考えてみましたが、こんな感じなんでしょうかね?

↓応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


為替・FXランキング

トレーダー向け図書の専門サイト

時間を無駄にしない、いつでもどこでもトレードの勉強
トレーダーズショップ

-日記

Copyright© つんたろーの「1日5分FX投資」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.